忍者ブログ
とにかく可愛いモノが大好き! キレイなモノ大好き! そんな蝶々のほんわか日記♪ 毎日ひとつ小さな幸せを見つけようo(^_^)o♪
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  カテゴリー
  フリーエリア
  最新CM
[07/17 新奈]
[05/17 のり]
[05/16 三毛にゃんこ]
[05/16 masha]
[04/18 三毛にゃんこ]
  プロフィール
HN:
蝶々
性別:
女性
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
  アクセス解析
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [40] [39] [38] [37]
2019/09/15 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/11/19 (Mon)
今日もお仕事から帰ってきて帰りに旦那さんの靴下が穴開いてることを
思い出し靴下を買って帰ってきました(笑)
蝶々デス(σ´・ω・`)σ

大分ここの所寒くなりましたね~><
私は「超」冷え性なので一年中手が冷たく困っております。。
今日は新規のお客様のお宅へ訪問したのですが、ヘルパーさんは時たま衝撃的な家族模様を
知ってしまったり、出くわしてしまうってことがあるんです。
で、ヘルパーの居る前でおボケ気味なおばあちゃまが突如お話を投げてくれるんですがあまりにおかしな
お話をするもので息子さんがイラだちながら実の母親に向かって頭を叩く仕草をする。
あ~!もぅ!ボケないでくれよぅ!と・・

こんな時って私達なにもデキナイ。
せめて話を逸らし息子さんへ別のお話を投げかけてあげるくらいしか。
それでその瞬間はおばあちゃまを守ることは出来るけれども瞬間的に二人きりの時は・・なんて考えてしまった。

家族の大変さは家族にしかわからない・・けれどだからこそ私達が居る。
決して自分の親がボケてしまったとしてもそれを他人に見せることは恥ずかしいことでもないし情けなく思わないで欲しいな。。自分だっていつか同じようにボケてしまう日が来るかもしれないし同じ立場になったらやっぱり子供にそんな風に思われたくないもん。
ま、そんな風に思えるのなら苦労なんてしないんだけどね。

自分が今、大人になって健康で大口叩けるのも両親あってのこと。
ボケてしまったのはあなたを立派にした「証。」だから・・・
もう、頑張らなくてもいいんです。おこた(コタツ)に座ってゆっくりしてもらいましょうよ♪もっと肩の力抜いてもいいんですよ。(^^*)
わけわからない事を言うのは一生懸命親として色んなことを思い出そうとしているんデス
まだあなたのことが心配だから・・・。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うぅむ・・・
ヘルパーさんのお仕事って、大変そうですね。
単なる『お客様相手』という訳にもいかないし、作業などの制約もあるとか聞きます。
蝶々さん、精神的に参ってしまわないで下さいね。
三毛にゃんこ URL 2007/11/20(Tue)17:11:59 編集
器。かな?
世知辛い現代社会
皆自分を守るので精一杯なのかも。
精神的にゆとりがないから当たり前の感謝の気持ちも忘れがち。
親より先に逝くのは最大の親不孝
今の自分があるのは親のお陰
今の自分に納得出来てないのは自身の努力が足りないだけ
生きてりゃいい事ばっかりなわけないです。
でも他人と比べて八つ当たりするんだなぁ。
機械だって長く使えばガタがくる。
人間も長生きすればどこらかが悪くなる。
これは生まれた者全てに平等にくるもの。
仕方がないもの。逃れられないもの。
自身が子どもの頃に散々世話になったのを、
自身が育児してれば解かる筈なのに・・・。
子どもがどんなに偉くなっても親は抜けません。
親は何時までも親なんだ。
五体満足で大きく育ててもらった恩を今は還元する時。
その母に手を上げる人が気付く事を祈ります。
世の中には介護ヘルパーさんを雇えない人もいるんだから・・・。
のり URL 2007/11/20(Tue)18:55:34 編集
三毛にゃんこさま
そうなんです、いくらヘルパーでもやっぱり入り込んではいけない所があって例えば本気でぶっ叩いたりしてたら私達ではなく今度は行政さんに頼るしかないし。。いつも「やってはいけない事」「入り込んではいけない事」の狭間でもがいてるような仕事ですね。
でもヘルパーだからこそ出来ることもあると思うんです。日々しっかりと観察していかに異常に早く気づけるかなんだと思います。だけどね、時々イラだちや悲しみをどこにもぶつけようにも出来ない日があって一人落ち込むこともあります(笑)そんな時は旦那さんのメタボなおなかをパンチします(爆)
蝶々 2007/11/20(Tue)19:35:58 編集
のりさま
時々当たり前ってなんだろう?と考えてしまうことがあります。私の思う当たり前「親に感謝しなさい」は別の人から見たら感謝すら思えない人も居たりするし。。日々葛藤です(笑)
私もおばあちゃまが生きている間にその人がちゃんと気づいてくれることを祈っています。じゃないとローソクが消えた瞬間にこの家を去りながら私は「あァ・・この人は無くしてから気づいてしまったんだ。これからどうするんだろうなァ。。」と思いながらまずいタバコに火をつけなければなりません。
蝶々 2007/11/20(Tue)19:55:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *